カネをかけずにお客をつかむ! |神田 昌典 鼻歌マッシュアップ,ついついクリック!

iPhone,webサービス,webツール,webマーケティングなどなどの情報を鼻歌スタイルでついついクリッピング

ホーム > スポンサー広告 > カネをかけずにお客をつかむ! |神田 昌典ホーム > 神田 昌典 > カネをかけずにお客をつかむ! |神田 昌典

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カネをかけずにお客をつかむ! |神田 昌典

カネをかけずにお客をつかむ!カネをかけずにお客をつかむ!
神田 昌典
PHP研究所 刊
発売日 2004-10-02
オススメ度:★★★




集客力 2005-01-30
個々の営業マンはセールス力はある人は多いが、集客力がある人は極端に少ないと思う。営業マンは成約の可能性の薄い人から成約できると達成感を味わう。
成約の可能性のある人は誰でも成約はできる。このように考えると、営業マンのコストはかなり大きいものではないであろうか?
この本は成約の可能性のある人を集めるノウハウが書かれています。

温故知新という言葉を考える 2004-12-03
本に書いてあることをそのまま実践して上手くいく人なんてほとんどいません。成功する人は様々な人が挑戦した多種多様の“プロセス”を知った上で、オリジナルのメソッドを生み出します。(私が知るかぎりでは)「こうすれば、こうなる」というものだけを求める人には、きっと成功ももたらされたないと思うのですが、現在のビジネス書や実用書全体の傾向をみていると、読者の大半はプロセス無視の結果主義的な見地で本を選んでいるようだ。ビジネス書を「新しい」「古い」論のみで語ってしまうのは、マニュアルを求めすぎで、「書」としての本来の意義を見落としてしまう恐れがあります。
著者である神田氏自身も、文庫版のまえがきで、「手法においては古い部分がある」と本の中でかかれています。ただ、かつてこの本の原本『小予算で優良顧客をつかむ方法』がオークションで高額で取引されていたことを考えると、ビジネス書の歴史においても、その存在感を見せつけたといっていいでしょう。この本のなかから、ひとつの「ビジネスの原則」を見出せるような人はきっと成功するんでしょうね。私自身はビジネスしていないのですが、この人の本は好きです。
そしてこの本が、彼の著作の中ではもっとも熱のこもった作品であることは間違いないです。ご一読をおすすめします。

読みやすいし面白い! 2005-10-19
神田昌典の本ははじめて読んだが、非常にわかりやすく身近に感じられる内容である。それは本にある内容にわかりやすい根拠があるように感じられるからだと思う。著者自身が試行錯誤をしている様が目の前に浮かんでくるようである。文章も非常に読みやすい。巻末で読者代表として、「プロ・アクティブ」という会社が紹介されているが、森蔵は以前この会社のセミナーに参加したことがある。1年半以上前に参加したのに3ヵ月おき位の間隔で毎回DMが送られてくる。最近では、そろそろ受講しようかなと思っている。この会社はUSCPAという試験の学校だけれど、USCPAを受けるのならこの会社にしようと思っている。うまい!


さらに詳しい神田 昌典情報はコチラ≫




スポンサーサイト
[ 2006/04/14 10:31 ] 神田 昌典 | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。