ブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディング |阿久津 聡 /石田 茂 鼻歌マッシュアップ,ついついクリック!

iPhone,webサービス,webツール,webマーケティングなどなどの情報を鼻歌スタイルでついついクリッピング

ホーム > スポンサー広告 > ブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディング |阿久津 聡 /石田 茂ホーム > ブランディング > ブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディング |阿久津 聡 /石田 茂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディング |阿久津 聡 /石田 茂

ブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディングブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディング
阿久津 聡 /石田 茂
ダイヤモンド社 刊
発売日 2002-07


ブランドを取り巻くコンテクスト(文脈)に着目したブランディングの実践モデルを紹介している。「ブランド・アイデンティティとブランド・イメージ、そして両者をつなぐコミュニケーションを一貫した切り口でとらえる理論と実践方法が、これまでのブランド論にはなかったのではないか…」という、著者の問題意識から生まれた1冊だ。
そのコンテクストの切り口は、従来のブランディングの課題をさまざまな形で解決している。たとえば、ブランドは目に見えず、つかみどころのない特殊性をもつが、それをコンテクストで表現して可視化し、扱えるものとして構造化している。特に「意識の深層にあって表現しにくい暗黙的な」ブランド知識にまで分け入り、コンテクストによる連想ネットワークのモデルで顕在化している点は画期的だ。
また、顧客へのメッセージにコンテクストを計画的に組み込むことで、企業と顧客間で価値観や経験を共有する戦略シナリオを提示。企業のブランド・アイデンティティーと顧客のイメージ、それらを結ぶコミュニケーションの3領域における「コンテクストの共有」の戦略やコミュニケーション・モデルは、企業と顧客の間に生じる溝を埋めるものになる。
こうした理論をベースに、ブランドの創造プロセスや、ニチレイの「アセロラドリンク」のブランディング事例、3領域の実践プロセス、ブランド・パーソナリティーの構造化などを展開している。ブランド価値の源泉や、顧客とのコミュニケーションを見直すうえで必見の理論書である。(棚上 勉)

斬新!!!!! 2002-07-19
ブランドが重要視されているが、それをここまで心理的に解説してあるとは思わなかった。大変わかりやすいので、マーケティングを勉強している人におすすめしたい!


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




スポンサーサイト
[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。