ブランディング 鼻歌マッシュアップ,ついついクリック!

iPhone,webサービス,webツール,webマーケティングなどなどの情報を鼻歌スタイルでついついクリッピング

ホーム > カテゴリー - ブランディング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブランディング22の法則 |アル ライズ /ローラ ライズ

ブランディング22の法則ブランディング22の法則
アル ライズ /ローラ ライズ
東急エージェンシー出版部 刊
発売日 1999-10




法則っていうより注意点の羅列 2005-11-11
法則というほどロジカルなものではなく、一種の経験則から導き出されたブランド育成・管理における注意点のリストといった本である。で、読んでもしょうが無いか、というとさにあらず、ブランド管理に携わっている、これから携わるという人にとっては必須の書籍だと思う。ただしわかりやすさを優先した結果、一種の暴論になっている部分も多く、従って読者は次の2点を注意した方がいいだろう。1つ。
22という数字は、同著者の「マーケティング22の法則」にむりやり並べるためのもので、重複が多い。だから「法則16と法則17はどこが違うんだああああ」と悩む必要は無い。同じに見えれば、同じ法則と考えていい。多分8つ程度に整理されてしまうと思う。2つ。
経営科学全般に言えることだが、これら法則を日本においてそのまま適用できると考えないほうがいい。例えば法則7ではロレックスの品質とブランドは関係が無く、品質がよくなくてもブランドは維持されるだろうと指摘しているが、いかにも目の粗いアメリカ的な思考である。日本において、ブランドは品質を包含した「便益に対する保証」を記号化したものであって、品質を切り離してブランドを構築できるという考えは日本では無理だろう。こういった点を踏まえて、つまり一種の劇薬だと思ってさえいれば一応目を通す、考えるというのは非常に有益な本だと思う。


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




スポンサーサイト
[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

インターネット・ブランディング11の法則 |アル ライズ /ローラ ライズ

インターネット・ブランディング11の法則インターネット・ブランディング11の法則
アル ライズ /ローラ ライズ
東急エージェンシー出版部 刊
発売日 2001-06


世界的に有名なマーケティング戦略家で、ベストセラー『ブランディング22の法則』の著者アル・ライズが書いた、インターネット上のブランド構築に関する本。Yahoo!、eBay、シュワブ、Amazon.comといったアメリカを代表するWebサイトの豊富な成功例、失敗例をもとに、ブランド構築・維持に関する法則を明確に示している。11の法則それぞれに豊富な事例と考察が盛り込まれており、中には既存のサイトやネット市場に参入したばかりの企業に対する痛烈な批判も見受けられる。また本書で成功例として取り上げられているYahoo!やAmazon.comに対しても、今の戦略では長期的には失敗する恐れがあることをはっきりと示唆している。
ネットバブルがはじけた今日、今度は各業界を代表する大企業がインターネットビジネスへの参入をもくろんでいる。だが、本書の著者は、これらの企業は11の法則によりことごとく失敗するだろうと予測している。何とも大胆な予測だが、各章で挙げられているおびただしい数の失敗例を見れば、納得させられる。ネットビジネスに詳しい人なら、失敗例として十把一絡げにされたサイトの名前を見ただけで、ぞっとすることだろう。
本書はネットにおけるブランド構築の秘訣を書いた本だが、今後のネットビジネスの動向と、そこでのビジネスチャンスを見つけるヒントとしても読める。インターネットのメディアとしての特性、ビジネスの場としての特性が見えてきた今日だからこそ出せた、説得力のある考察である。(土井英司)

リアルとバーチャル 2003-06-23
インターネットブランディングを研究しているものとしては、まずは読
んでみるべき本だと思う。その一つ一つはブランド研究者からすればは
ずれているのではないかと思われるものも含まれるが、問題提起あるい
は、事例の紹介だと思えばブランドの立ち上げには参考になると考えら
れる。リアルとバーチャルの結びつきに着目した東大の片平教授の著書「ブラ
ンド・エンジニアリング」などをあわせてみると、視点や方向性の違い
に気づくことだと思います。最終的には、個人の消費心理そこに訴えかけること、それが最後の明暗
を分けることになるということをこの両書(=良書)は伝道している。
そう思います。


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

ブランディングへの解る見えるマーチャンダイジング―開発・調達から配分・店頭展開までの最新技術と戦略を体系化 |小島 健輔

ブランディングへの解る見えるマーチャンダイジング―開発・調達から配分・店頭展開までの最新技術と戦略を体系化ブランディングへの解る見えるマーチャンダイジング―開発・調達から配分・店頭展開までの最新技術と戦略を体系化
小島 健輔
商業界 刊
発売日 2004-02





さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

「ブランディング」は組織力である

「ブランディング」は組織力である「ブランディング」は組織力である

ダイヤモンド社 刊
発売日 2005-06-03




ブランディングは組織力!? 2005-08-21
2000年以降に、ハーバードビジネスレビューに掲載された「ブランド」に関する論文8編です。ブランドを市場に浸透させるのは、経営者や社員である!
当たり前といえば、当たり前ですが、個人的には「目からうろこ」でした。その実例、どのように社内に広げて、浸透を図っていくか?どのような組織構造、文化、管理手法等が、ブランドを強くするか?有名ブランドでは、どのような手法がとられたか?という論文が、後半3編です。
前編4編は、ブランドの分析、評価方法やツール、コーポレートでのブランドのありかた、ブランドのポジショニング等を説明したものです。ブランドの効果等、基礎的な知識(?)も章末に説明してあり、勉強になりました。


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

ブランディング・イン・チャイナ―巨大市場・中国を制するブランド戦略 |山下 裕子 /一橋大学BICプロジェクトチーム

ブランディング・イン・チャイナ―巨大市場・中国を制するブランド戦略ブランディング・イン・チャイナ―巨大市場・中国を制するブランド戦略
山下 裕子 /一橋大学BICプロジェクトチーム
東洋経済新報社 刊
発売日 2006-03





さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

スターバックスコーヒー―豆と、人と、心と。 |ジョン シモンズ

スターバックスコーヒー―豆と、人と、心と。スターバックスコーヒー―豆と、人と、心と。
ジョン シモンズ
ソフトバンククリエイティブ 刊
発売日 2004-12




ベタ褒め本、ではあるが…… 2005-01-21
タイアップなんだろうな、とは思う(クーポン券付きだし)。著者のスタバへの惚れ込みようも、なんだかなぁ、とも思う。それでも、スターバックスという魅力的な企業の成功物語は、読んでいて本当に気持ちがいい。「スタバだったらこうあって欲しい」というイメージどおりで、なんだか拍手すら送りたくなる。『スターバックス成功物語』を読んだ人には、そんなに目新しいことは書いてないことが欠点といえば欠点。日本市場への参入やその後の海外展開など、わりと最近のことも載ってはいるが。


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

ケラーの戦略的ブランディング―戦略的ブランド・マネジメント増補版 |ケビン・レーン ケラー

ケラーの戦略的ブランディング―戦略的ブランド・マネジメント増補版ケラーの戦略的ブランディング―戦略的ブランド・マネジメント増補版
ケビン・レーン ケラー
東急エージェンシー出版部 刊
発売日 2003-11





さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

ブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディング |阿久津 聡 /石田 茂

ブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディングブランド戦略シナリオ―コンテクスト・ブランディング
阿久津 聡 /石田 茂
ダイヤモンド社 刊
発売日 2002-07


ブランドを取り巻くコンテクスト(文脈)に着目したブランディングの実践モデルを紹介している。「ブランド・アイデンティティとブランド・イメージ、そして両者をつなぐコミュニケーションを一貫した切り口でとらえる理論と実践方法が、これまでのブランド論にはなかったのではないか…」という、著者の問題意識から生まれた1冊だ。
そのコンテクストの切り口は、従来のブランディングの課題をさまざまな形で解決している。たとえば、ブランドは目に見えず、つかみどころのない特殊性をもつが、それをコンテクストで表現して可視化し、扱えるものとして構造化している。特に「意識の深層にあって表現しにくい暗黙的な」ブランド知識にまで分け入り、コンテクストによる連想ネットワークのモデルで顕在化している点は画期的だ。
また、顧客へのメッセージにコンテクストを計画的に組み込むことで、企業と顧客間で価値観や経験を共有する戦略シナリオを提示。企業のブランド・アイデンティティーと顧客のイメージ、それらを結ぶコミュニケーションの3領域における「コンテクストの共有」の戦略やコミュニケーション・モデルは、企業と顧客の間に生じる溝を埋めるものになる。
こうした理論をベースに、ブランドの創造プロセスや、ニチレイの「アセロラドリンク」のブランディング事例、3領域の実践プロセス、ブランド・パーソナリティーの構造化などを展開している。ブランド価値の源泉や、顧客とのコミュニケーションを見直すうえで必見の理論書である。(棚上 勉)

斬新!!!!! 2002-07-19
ブランドが重要視されているが、それをここまで心理的に解説してあるとは思わなかった。大変わかりやすいので、マーケティングを勉強している人におすすめしたい!


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

Webブランディング成功の法則55 |生田 昌弘 /株式会社キノトロープ

Webブランディング成功の法則55Webブランディング成功の法則55
生田 昌弘 /株式会社キノトロープ
翔泳社 刊
発売日 2005-04-12




コミュニケーションツールとしても使える実用書 2005-04-19
Webブランディングについて書かれた本としては、非常に実用書としての要素が強い。特に、Webサイトの運営や管理の実務に携わる人には「なるほど!そういうことか」と思わず声にしてしまわずにはいられないほど、現場感漂う内容となっている。また帯表紙にもあるように、この本自体がコミュニケーションツールとして利用できることも大きい。おそらく、Webサイトの実務に携わったことがない人でも、本書の内容は十分に理解できるからだ。いまだWebサイトのビジネス活用についてのリテラシーが低い中、どうやってそのメリットを自分の上司なり他の部署の人間に伝えるか。そういった時にも非常に役にたつと思う。


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す |ティム・ヴァンディー /ピーター・モントヤ

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出すパーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す
ティム・ヴァンディー /ピーター・モントヤ
東洋経済新報社 刊
発売日 2005-06-01




あえてベタな書き方をすると、・・・ 2005-06-23
横文字で気取った感じのするタイトルだが、単純に言えば個人として商売を如何に成功に持って行くかという手法を体系立てて解説した本だ。どんなにいい仕事をしていても、相手に認められなくては意味がない。「会社に頼らない生き方を目指す」と書かれているが、ふと思ったのは、味に自信はあっても、さっぱり客が入ってこないで行き詰まっているという頑固おやじのラーメン屋さん。そんなところに、後ろからポーンと背中を押してくれて、お客に認められ、繁盛して人気店になっていく、等々というような秘訣や意外と気づかない手法が書かれているように読めた。個人の信用が第一、お客は神様という、商売の基本は日米共通なんですね。ちょっと乱暴ですが、こんなふうに読む人が自分の関心に引き付けて、勉強できる本という気がしました。


さらに詳しいブランディング情報はコチラ≫




[ 2006/04/12 23:42 ] ブランディング | トラックバック(-) | コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。